ついったー


最近読んだ本(amazon版)

最近のトラックバック

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »

新橋の牛家へ

彼女さんが、呑みたい気分ということで、呑みに行くことになりました。
もつ鍋を食べたことが無いそうで、そこでもつ鍋をいただくことになりました。
実は始めは別の店の予定だったのですが、混雑していまして、どうしようかと
思っててくてく歩き出したところ、店を調べていた時に、新橋駅の近くに
もう一件あったと彼女さんが思い出しまして、そこへ向かいました。
どんな店かと思いたどりつくとビルの地下でせまい階段を下りて行く最中に
多少不安を感じましたが、入ってみるとそう悪くない感じです。
丁度、2組ほど店を出るところで、5分ほどで入れました。

まずは生ビールを頼み、メニューを物色です。
もつ鍋は当然としてトッピングに豆腐を追加し、だしまき玉子と、彼女さんが丁度、
隣のカップルのところに来た餃子に目をつけたのでそれも頼みました。

まずはビールで乾杯してると、鍋が運ばれてきて準備が始まりましたよ。
だし汁を張り、鷹の爪、ガーリックスライスが投入されゆでられます。
程よく、煮立った頃に、もつが、そしてたっぷりのキャベツとニラ、そして豆腐
あとは煮えるのを待つのみ。

その間に出し巻き、餃子が運ばれてきました。だしまきは超ふわふわ。
何気に餃子はうまいと、幸先の良い感じ。
050317_2024050317_2026

そして煮立ったもつ鍋から、キャベツ、ニラ、もつ、豆腐、そして汁とよそって
頂きます!
050317_2031
あまい…キャベツが甘くて実にうまいです。ガーリックスライス等が入ってるのに
さっぱり感のある汁としっかりした感じの味のもつが実にいい感じ。
こうなると、他の料理も試してみたくなります。
ゴーヤちゃんぷるいっときます。これもうまい。難点はややゴーヤが少ない。
050317_2028
キムチと、鶏の唐揚げ(ホントはくじらの唐揚げが良かったのだが)も。
実は、これを注文する頃には、けっこう腹が苦しい感じに。
鍋はほぼ具材を食べきり、ちゃんぽん麺またはおじやが投入されるのを待つのみ
となっていますが、二人ともかなり腹が苦しい状態。
(唐揚げの画像がありませんがおいしかったですよ。腹が苦しい状態でも十分に)
しかし、ここでちゃんぽん麺が食べたさには勝てず、注文。
麺が来るまでは、3口食べられるかなぁと言っていた彼女さん。
麺が来ました。ぱっと見、多くない。これならなんとかいけるか?
煮立ってくると…増えてるよ!
050317_2112
食べ始めるとうまい。しかし、腹も苦しい。それでもうまいので、もう少しと
鍋を見ると、麺が無いではないですか。3口なんて大嘘です。
半分強しっかり食べてますよ彼女さん。

大変満腹で、満足でした。この後、すぐに帰るのはしんどいので、カラオケ
へ1時間。休憩が主目的ですが。だらっと休憩したかったので。
まだ食べてみたいメニューがあるので、そのうちまた来て見たいと思います。

ニギヤカなサラリーマンのグループが、ちと難点ではありましたが、なかなか
良い店でした。

ま、そんな楽しい食事の直前電話とメールがありまして、
「明日もまたヘルプよろしく!朝、8:30に横浜ね。」
げっそりですよ。(気分です。体は膨らみました)
ま、明日は明日です。

楽ありゃ苦も…

仕事のパートナーIよりの電話から始まった。

実は、Iは先々週くらいから、知り合いの人の現場に頼まれて、ヘルプとして入って
いるのですが、「場合によっては来てもらうかも」とは聞いていたのですが、とうとう
その「場合」が来てしまいました。すでにリリース日前日。客先のサーバルームで
動かないプログラムを前に呆然とする客。
みたいな状況だそうです。
正直、いやです。出来れば行きたくないです。自分の社員の不始末なら仕方あり
ませんが、ねぇ…。しかし、そんなことを言ってもいられません。しぶしぶ
行きました。日曜日の夜に。旅行の後ゆったりではなく、そのままの格好で、火を噴く
現場へ。
日曜、夜~月曜14時くらいまでで終わらず、翌日の火曜日も。そしてそのまま
水曜の昼まで。月曜の夜は、教育事業部としてやってもらっている方の兄が
亡くなられた為、通夜に行く為ぬけまして、実質日曜から水曜の昼までで、寝たの
は、5時間程度。2月までもけっこうな働きっぷりだったが、今回はそれ以上だ!

実は今回は、ExcelのVBAということで、しかも「力仕事で手数が欲しい」とのこと
だったので、助っ人だしめんどくさいだけで、楽かと思いきや、やはり現実は
厳しいぜ!はぁ~…

確かに力仕事と言えば、力仕事だった。(過去形だが、まだ終わってない)

まず、無意味にでかい。そして、統一感の無い変数名。はっきりしない仕様。
そして作業を自然に妨害する、プログラマ。これが一番効いた。
女性なのだが、2年目というか3年目になるところだそうなので、仕方
ないかなとは思うが…
1.自分が仕様を聞いて書いて作ったはずなのに、仕様を知らない。しかも捏造する。
2.非効率なロジックにこだわる。
3.Aという箇所を修正してる最中に、別のBという箇所を修正し始める。
4.修正した結果をテストも実行もコンパイルもせずに、しかも途中で
テスト環境に乗せる。
5.ほかの人が修正して検証した、ソース(ブック)をローカルなソース(ブック)、
で上書きして作業を後戻りさせる。
6.寝る。もしくは、寝ろと言っても寝ない。
と、数々のすばらしい必殺技を持っている。

このプロジェクトは4人ほどがメンバだそうだが、この連中は、「仕事」に対して
の「結果」「責任感」「金銭」「時間」について、まったく考えて無いのではないか
と思わせる実にスバラシィメンバです。頑張っているのは頑張っている
(連日の徹夜作業)のだが、その結果が伴わない。
どれもこれも似たり寄ったりで、よくもこんな無責任な連中にやらせたなと
しみじみ思うようなすばらしい現場です。

しかし、まだ終わっていない。リリース日はじりじり延期されているが。
まだ、この連中と作業するのかと思うと気が滅入る。しかも、別に契約してないから
へたすりゃ、無料奉仕だし。
う~ん…いろいろ考えさせられるねぇ。
(書いてるうちに嫌になってきたので、ここで切上!)

誕生日プレゼント

実は、日光の旅行中に誕生日でした。
そこで、彼女さんからプレゼントをいただきました。
050312_0002
STEKLO

太陽系をこの手に!

勢いで日光

それは、彼女さんからの一通のメールから。

 「件名:あぁああぁぁ」
 華厳の滝行こう!

なにごとかと思いますね。ぼくも思いました。まぁ、前々から行きたいと言う様な
ことは、言ってましたので、いつ頃?などと返事をしてみたり。
「明後日」との返事。ちなみにこのやりとり火曜の夕方です。
断っておきますが、ぼくも彼女さんも仕事してます。
びっくりです。
言い出したきっかけをきっかけを聞くと、「TVで雪に包まれた華厳の滝を見たから」
だそうなので、それなら早く行かないと駄目じゃないですか。

彼女さんは、もともと前作業が過酷だった為、代休となる予定だったそうです。

そしてぼくの方もちょうど、新しい会社との作業を始める準備期間中だったので
自由がきくのをいいことに、行ってきましたよ。日光へ~

一応、急なことなので宿とか駄目なら中止といった予定でいましたが、無事に
とれましたのでね。

メインは3つ。華厳の滝、東照宮、露天風呂。
ぼくの方は、既に小学校の修学旅行と社会人になったばかりの頃と
2002年の社員旅行で日光自体は3回目なのですが、彼女さんは初めてだ
そうなので、コースは彼女さんの希望をメインとしました。

ちなみに、宿はココ「ゆ宿美や川」。丁度、宿泊客が
全部で3組だったので、内湯2つ露天1つの風呂が総て貸切に出来て
最高でした。露天風呂は、夜に入ったのですが、お湯が温めと言うか、
気温に負けてか、ちょっと寒かったですけど。一番良かったのは、内湯
の女風呂ですね。ごはんも良かったし。また、来て見たいですね。

華厳ノ滝     竜頭ノ滝       戦場ヶ原       湯ノ湖
DSC00881DSC00895DSC00898DSC00914

東照宮
DSC00931

初日は、中禅寺湖~二荒山神社の辺りから雨に降られたり、店が開いて
なくて困ったり(竜頭ノ滝で団子を食べるはずだったのに~)、結構大変でした。
二日目は、朝は、雪が降っていましたが、昼前から晴れていい天気でした。
勢いで行った割には、結構満足出来た旅でした。

また、夏か秋にでも行きたいですね。

やれやれ

先日、パーティションを削除して起動しなくなったという、阿呆な状況より
ようやく脱出しました。(実際は土曜日に)

暖かい彼女さん宅から、復旧作業の為に、寒い自宅へ戻りました。
さっそく復旧手順の調査などの為に、もう一台PCが必要なので、昔のマシンを
起動しようすれば、マザーの電池が駄目で起動出来ない状態だったり。
起動可能なXPのCDが見つからなかったり(単に整理されてないとも言う)
やっと見つけたリカバリCDは、全部出荷初期の状態に戻すだけで、
MBRの復旧とかは出来なかったり…。(使えん!)
仕方ないので、FDドライブと起動ディスクらしきFDと消しても良さそうなFDを
見繕って彼女さん宅へ戻り、PCを借用させていただきまして、
おかげさまで復旧できましたよ。
感謝!

結局、GRUBの起動可能なFDを作成して、FD起動より復旧という方法を
とりました。本来ならば、もうXPしか存在しないので、通常のNT Loader
で良いのですが、起動可能なXPのCDを見つけられなかったので。

しかし、普通にCドライブにGRUBを置いて、installしようとしたら書けなくて
結構あせりましたよ。ずっとFD起動しなくてはいけないのかと思った。
結局、CドライブがNTFSの為だったので、FAT32の領域(Dドライブ)があるので、
そちらに置いてinstallしましたが。
既に、入替用のHDDも購入しており、新しいHDDには、またLinuxを入れるので
今は必要ないのだが、起動可能なXPのCDを捜しておかないと困るなとしみじみ
思った。…けど、やはりすぐには必要ないかも。(単にめんどくさいだけです)

参考にさせていただいたHP:
 Ein Home - Windowsでのgrubの設定
 Linux活用日記 - 起動に関するトラブル - GRUB について
 Red Hat Linux 参照ガイド - システムへの参照 - ブートローダー
使用させていただいたツール:
 GNU GRUB
 RawWrite for windows version 0.7 for NT & 95

らすらすラスカル

どんよりな気分を、紛らわすために、久々に書き込みをするべくログイン。

「らすらすラスカル」

やられた…かわいいじゃないですか…

でも、500円。

無料でやってるのに、500円・・・。しかも、あんまし更新しないし。
見てる人も、ほぼ居ないし。(ごまかしです。0人の可能性が大です。)

少し、考えよう。
なんせ、PC起動しないし。

あれ?

あの、忙しかった日々も、ようやく終わりを迎え、まったりすごしています。

そんな余裕をかましつつ、愛用のノートPCのすっかり領域の狭くなったHDDから
さっぱり使わなくなったLinuxをパーティション毎削除!
おぉ、広い・・・。

そんな喜びを噛締め、忙しかった間にたまった雑用を片付けるべく、暖房のある
彼女さん宅へ、なかば強引に押しかけ、出勤を見送り、まったりと朝食などいただき、
さて、はじめるかなぁ~と、ノートPCの電源ON。


… …
… … … …

あれ?

あぅっ!
Boot LoaderにGRUBを使っていたのです。昨日、その本体のあるパーティションを
さっくり消してしまいました…。

自分の馬鹿さかげんに、あきれました。

ノートPC持って、家に戻り、起動できるようにしなくてはなにも出来ません。

まったりが…どんより…

ふぅ…

« 2005年2月 | トップページ | 2005年4月 »