ついったー


最近読んだ本(amazon版)

最近のトラックバック

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

亡国のイージス

「最近読んだ本」の方にも、ずらずら書いてますが、今頃読みました。
一冊500Pを超える文庫本上下巻を友人からを借り(おしつけられ)ましてね。

それなりに楽しみにしていたのです。いや、つまらない!と言い切れるものでは
なく、面白いというか面白くなりそうなのにという感じ。読んでると、ほんとに
無駄な描写が多い。ほんとにこんなのが話題になって映画になったのかと、
疑問たっぷりで終章を読んだのですが、調べるとハードカバーが先行で出版
されていますね。しかも「654P」ですか。適正な分量と感じさせますね。

レンタルビデオを見て、良かったら図書館でハードカバーを読んでみようかな
といまは思っています。

内容的に、かなり侮辱的という部分があるのも行き過ぎな感じ。北の某国と
世界の警察を自認している国の部分ですが。まあ、フィクションですからね。
これを周辺国のかたがたが読んで、気を悪くなされないでくれると良いのですが。

今、自分のリストを見てたら自衛隊ものを続けて読んでますね…。そういえば、あちらも
世界の警察を自認している国の扱いは悪かったな。

まあ、もしレンタルビデオもしくはハードカバーを読んだら、また記事を書きますかね…。

台風11号接近中

いや~今度は、台風接近ですか。

つい、20分ほど前から、かなり風が強くなってきました。
明日、仕事に行くときには、雨がやんでると良いのですが、無理だろうなぁ

川があふれたりしなければ良いのですが…

豪雨3

いや、雨が降るとは聞いたが、こんなに降るなよ!

乗り換えの有楽町で、雷が光っていまして、雨も小降りながら降ってるといった
状態で、まだ仕事中であろう彼女さんに「雷雨だ」とかメール。(まだ余裕)
ただ、有楽町で食事していくつもりだったが、念のため取りやめる。

横浜着。それなりに降ってる…思ったより早いし、腹減りなので、食事をすることに。
しっかりいただき、CDショップを覗きに行くと、結構降ってる。(ちょっとひるむ)

相鉄に乗り自分の駅へ降りる。ちょっと小降り。そのまま書店を一回りしてると…

ザーッ

あら…なんかすごい降りっぷり。とても、出て行けるような感じではありません。
仕方ないので、立ち読みなぞしつつ様子を見る。(引き気味)
他にも幾人も立ち読み中。見せの兄さんが威嚇のためか、必要以上にでかい音で
本を並べなおしています。
20分ほど待ってましたが、さっぱり小降りになりそうもありません…。
書店の中が人で一杯です。正直うざったいので、出ようかと思いつつもうろうろと
していると、探していたものを発見!
「のだめカンタービレ SelectionCD Book」
これを手に持ちつつ、さらにうろうろ。

ウ~~ウ~~ウゥッ ウゥッウ~~ウ~~

なんか素敵なサイレンが鳴ってます。
川が警戒水位を超えたようです。いいかげん、立ち読みしたい本の前を占領されて
見るものも無いので、追加でサッカーマガジンを手にして会計して店を出ます。
改札を出た皆さんが、あまりの豪雨に出て行くのをためらっていて人が沢山居ます。
(ピンチ)

一瞬、友達を呼び出して迎えに来させようかとも考えましたが、もう少し様子を見てから
と考えていると、ちょっとだけ勢いが弱まり始めました。

雨レーダーとかチェックしましたが、どうもしばらく降りそうです。(あきらめ)
さらにサイレンがなり響いております。

やむを得ず、折りたたみで帰宅することを決意します。(覚悟をきめた)
なんせ、万が一にもあふれたら家に辿り着けません。

なるべく、小さくなり歩幅を小さくして歩きますが、着々とズボンが濡れていきます。
橋を渡るときに川を見ると、なかなか物騒な感じです。まだ、2m50cmくらい余裕があ
りますが、この降り方じゃ安心出来ません。
結局、家に着いたときには、前側はカバンでカバーしていた腹は平気でしたが、股下
からつま先までびっしょりというより、ぐっしょり。後ろ側も裏腿から下と一部背中や腰
もずぶ濡れでした…。やれやれ。

それにしても、この豪雨は、台風接近前の予告といったところなんですかねぇ。

豪雨2

だらだらしてたら、夕方の気配がしてるので、帰り支度をして後片付けなど
していると、なにやら外が暗い。

窓を開けると、昨日に負けない降りっぷり。さらには雷。
まだ、PCを落としていないので、落とし始めると、轟音が!
蛍光灯が明滅していますよ~。うひゃ~PC壊したら大変だ~。

なんとか無事に落としました。いや、昨日に引き続きすごいですね。
なんだか、すっかり帰る気が失せまして。彼女さんの居ない家で、さらに
一泊することを彼女さんに了承してもらい、だらだらとしていました。

帰省のため、冷蔵庫の中なんて空っぽ同然なので、やむなく、買出しには
行きます。ついでに、彼女さん宅に不足しているような洗剤などを買い整えて
おきます。

暇なんで、しまわれている漫画などを探し出して読んでました。
んーやっと、20世紀少年のコミックの続きを読みましたよ。
このことだけでも、悪くなかったなと、思うことにしました。

豪雨

7月から入ってる現場の人と飲みに行きました。場所は、笑笑。

いろいろ話せて良かったですね。ご馳走にもなったし。
しっかし、安いなぁーーーー。びっくり。ま、料理の盛り付けとか悲惨でしたけどね。
味は、値段を考えりゃ、十分でしょう。

その後、帰宅の途に付いたのですが、いささか飲みすぎまして、眠くてたまらなく
なりました。そこで、既に帰省してしまっている彼女さん宅へ行くことに。
(本人には、了解をとりましたよ)

眠気と戦いながら、ようやく駅に着いて、歩くのが面倒なので、エレベータへ。
扉が開いて、外へ出ようとしたら人が沢山。
「あれ?遅い時間なのに、ずいぶん待ってるな」と一瞬思いましたが、皆さんこちらを
向いてない。つまり待ってない。出てみれば、一目瞭然。豪雨です。

このエレベータの出口から彼女さん宅まで、直進すれば、1分もかからない。きちんと
道沿いに行っても2分といったところか…。傘なんて持っていないので、この雨は困り
ました。もっとも、傘を持っていても出る気になるような降り方じゃありませんが…。
おまけに、すさまじい雷が轟きはじめまして。光ったか?と思ったか思わないうちに、
大音響が響き始めましたよ。あんまり凄まじいんで、彼女さんの携帯の留守電に
録音してみました。
やむなくエレベータの乗り口のひさしで雨宿りです。眠気は薄れてきましたが、めんど
くさい。こころもち小ぶりになったところで、傘を持つ何人かが帰っていきます。
自分の家なら、ずぶぬれで入ってもいいんですが、本人が留守の家をびしょびしょに
するわけにもいかないので、こちらはガマンです。何人もの人が後から来ましたが、
後から来た人は、そのまま戻っていきます。ま、せまいんでね。

そうこうするうちに、ぼくとあと一人だけになりました。これが、女性ならドキドキですが
サラリーマンのお兄ちゃんです。さらに小ぶりになってきたのを見計らい、その人も行っ
てしまいました。いーかげん、また眠くなってきたし、孤独なので、ぼくも出ることにします。
ほぼ、やんでいましたが、道がちょっとした川になっていて難儀しましたが、無事に
彼女さん宅へ。いやーこんな長い間、雨宿りしたのは何年振りでしょう?

しっかし、すごい雷でした。

八景島シーパラダイス

行ってきました。
ずっと昔は、新杉田で仕事してたりしたんで、わりと近くまではしょっちゅう
来ていましたし、6月には対岸でBBQとかしていたんですが、来場は初めてです。

仕事関係で、入場が無料になったからなんですがね。
いい天気すぎて倒れそうでしたが、想像していたより全然よかったですね。

DSC01050
DSC01056DSC01094
DSC01082
昼のドルフィンファンタジー
綺麗ですが、人が多いのが難点です。各所で撮影会ですし。
050806_1954050806_1955
夜のドルフィンファンタジー
断然、こちらの方が素敵です。人も少なめで落ち着いているし、幻想的だしね。

050806_1853050806_1941
このコースターは、けっこうイイ感じでした。続けては乗りたくないな…
ただ、もうちょい海へダイブするような感じかと期待していたのに、そうでなかった
のが、やや残念かな。

050806_1942
奥の白い三角が水族館で、その手前の水色がドルフィンファンタジー
円盤状の乗り物(観覧車代わりかな)の上から

050806_2155
唯一、これが乗りたくて乗れなかったメリーゴーラウンド。花火の後、ビール飲んで
焼きそば食べて~とかしていたし、ゲーセンでプリクラ撮り損ねたり、クレーンゲームで
キャッチしてたりしていたせいですが。

花火は、まあしょぼいといえばしょぼい。しかし、音楽と併せてといったあたりで、
なかなか楽しめる。まあ、そこそこきれい。

まあ、水族館と花火は混みましたが、だいたい見たいものや乗りたいものは
乗れたんで満足満足。機会があれば、また来たいですね。彼女さんも満足していたし。

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »