ついったー


最近読んだ本(amazon版)

最近のトラックバック

« ディスプレイモードの切り替えで表示されなくなったら | トップページ | Oracle DBConsole が起動しない »

Compressed (zipped) Folders の 関連付け復活

うちの社員にサブのPCを使わせていたら、解凍ツールを入れて物理削除したらしく、
Zipファイルの関連付けがおかしなことになっていた。
今後も考えて、元に戻した方法をメモしておく。


WinXP SP3 にて

ググるといくつかHitする
 1. 「推奨されたプログラム」に出ていれば、それを選択。
 2. 関連付けの「元に戻す」
  (Explorer メニュー>ツール>フォルダオプション>ファイルの種類 zip を選択)
 3. レジストリ登録
   参考 メニューからなくなった圧縮フォルダの復活

1と2は該当せず、3を試す。
 ファイル名を指定して実行に下記を指定して[OK]
  regsvr32 C:\WINDOWS\system32\zipfldr.dll
 登録完了 と 表示されてアイコンも復活した。

やったね。と思ったのに開けない…
試すと作成は出来るようだ。

念のため再起動してみるが変わらず。
”どのアプリケーションで開く”と聞かれる始末。
困った!

zipファイルを右クリックすると、なんだか一番上に「解凍」とか出てますね。
怪しい…
ファイルの種類で、「詳細設定」を開いてみると、なんだか変なものがあります。
サクッと削除して、再起動。

バッチリ。
これで復活。

« ディスプレイモードの切り替えで表示されなくなったら | トップページ | Oracle DBConsole が起動しない »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Compressed (zipped) Folders の 関連付け復活:

« ディスプレイモードの切り替えで表示されなくなったら | トップページ | Oracle DBConsole が起動しない »