ついったー


最近読んだ本(amazon版)

最近のトラックバック

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

3つのOptionButtonでハマル

#VB6

Frameの上に3つのOptionButtonを横一列に配置したフォームで、
検索処理などの重い処理の実行時に、ユーザーに操作させないために
Enabledプロパティを操作したところ、Form_Load直後だけ左端をクリックしても
右端が選択状態になるという不思議現象に悩まされた。

Private Sub CtrlFunc(Byval flg As Boolean)
opt01.Enabled = flg
opt02.Enabled = flg
opt03.Enabled = flg
frm.Enabled = flg
End Sub

こんなコードだったんだが、何故か初回だけおかしなことに…

いろいろ試したところ、どうやらOptionButtonは選択状態が標準らしい…
なので、上記の処理を通るとopt03が選択される。ということらしい。
結果として、
Private Sub CtrlFunc(Byval flg As Boolean)
frm.Enabled = flg
opt01.Enabled = flg
opt02.Enabled = flg
opt03.Enabled = flg
End Sub
という形にしたところ問題無く動作している。

なんだか納得いかないものをすこーし感じるが…

Windows Updateの再起動要求の間隔を変更する

メモ

1.グループポリシーエディタを起動
 ファイル名を指定して~ にて、「gpedit.msc」

2.間隔の設定
 コンピュータの構成>管理用テンプレート>Windowsコンポーネント>Windows Updateを選択
 スケジュールされたインストール時の再起動を再確認するをダブルクリック
 「有効」を選択
 時間を待機する(分)を変更する
 適用する

3.反映を行う。
 MS-DOS プロンプトを起動し、gpupdate /force と入力

即時に反映されないのは仕様だそうで…
http://support.microsoft.com/kb/283312/ja

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »