ついったー


最近読んだ本(amazon版)

最近のトラックバック

« [メモ] AviUtl リサイズ | トップページ | Googleフォーム利用で簡易の登録を試す »

SeleniumBasic を利用して Excel VBA で webへアクセス を始めるのメモ

どうせ、忘れるので_φ(・_・

 

IEのサポートが終了するので、Excel VBAを利用した web へのアクセスを行うために、SeleniumBasic を利用する。

 

まずは、SeleniumBasic をDLしないと始まらないので、下記から行う。

https://florentbr.github.io/SeleniumBasic/

真ん中あたりに「Download」があり、その下の「Release page」へ行く。

現在は、「v2.0.9.0」で、exe・zip・tar.gz のそれぞれの形式でDL出来るのが、最初は面倒なので exe で。

きっとDLフォルダーに「SeleniumBasic-2.0.9.0.exe」といった感じのファイルがあるはずなので、気持ちよく実行する。

インストーラーが起動するので、特に問題がなければ【Next>】でサクサクと終わらせるんだが、

インストールフォルダーはおそらく現在のユーザーのアプリケーションフォルダーになるはず。気になるならメモしておく。

 

さて、利用するには「参照設定」が必要になるので、Excelを起動して、VBEを立ち上げる。

「ツール」>「参照設定」で表示されるダイアログで「Selenium Type Library」を探して利用可能にする。

ちなみにインストールフォルダーはココでも判るので、インストーラーでメモを忘れても大丈夫。

あとは、ざっくりと起動確認の為に、下記コードを実行する。

  1. Public Sub GetGoogle()
  2. Dim drv As Object
  3. Dim url As String
  4. url = "https://www.google.com/"
  5. With CreateObject("Selenium.WebDriver")
  6. .Start "chrome"
  7. .Get url
  8. End With
  9. End Sub

何も問題なければ、Chromeさんが起動してチラッとGoogleのトップページが表示される。

 

で、問題が合った場合。

オートメーション系のエラーだと、.net が入ってないか version 問題のハズなので、インストールフォルダーの下の Scripts フォルダー内の「StartChrome.vbs」を起動すれば、インストールページを開くので、そのままインストールを行い、一応再起動して再挑戦する。

セッション系のエラー(SessionNotCreatedError)だと、Chromeのバージョンと「chromedriver.exe」のバージョンが異なるハズなので、

Chromeを開いて「ヘルプ」>「Google chrome について」でバージョンを確認し、「ChromeDriver - WebDriver for Chrome」から対応するものをDLして、インストールフォルダーのものを入れ替え、再挑戦する。

こんなもので。

 

« [メモ] AviUtl リサイズ | トップページ | Googleフォーム利用で簡易の登録を試す »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« [メモ] AviUtl リサイズ | トップページ | Googleフォーム利用で簡易の登録を試す »